国内飛行機での注意点を知ろう

国内飛行機の乗客にはルールがあります。
乗客はお客さまですが、それ以上に乗客の安全を守ることが最優先されております。
飛行機に乗船する人たちは、その日偶然にも同じ飛行機に同乗することになりますが、滑走路に入り離陸すると運命を共にすることになります。
どんなに偉い人でも、子供も大人も、キャップテンである船長の指示に従わなければなりません。
また、飛行する船内にもルールがあり、スチュワーデスの指示に従わなければなりません。荷物を膝に置いたり、足元に置いたりすると注意をされますが、これは安全を予防するために必要な指示で従わなければなりません。
更に、非常口近くの座席に乗船している人は、脱出時には指示に従い手伝いをしなければなりません。また、携帯やスマートフォンを乗船してからも電源をいれて話している人がおりますが、これも飛行の電波妨害となりルール違反となります。
一人の我がままで、取り返しのつかない事故が起きてしまいまうからです。